読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジギョウマルのつぶやき

事業者向けのお役立ち情報を発信

自営業をしていてもクレジットカードは持てる

多くの方が会社員など組織に属して仕事をしていると思われます。
しかし、一方では自分でやりたいことをしている、家業を継いでいるというような自営業の方もいます。


最近ではインターネットが普及して様々なビジネスが生まれてきました。
自宅にパソコンとネット回線があれば個人でできる仕事も多くなったことから個人事業主も増えています。

 

ただ自営業者は金融機関から見ると不安を漂わせる存在でもあるのです。
会社員であれば有給休暇などを活用して会社を休んでも毎月の給料に大きく変動はありません。


大企業も不振する昨今ですので収入が安定しているとは言いにくいですが、それでもまだまだ安定収入だと考えられています。

 

しかし、自営業者は自分で事業をしていることから、自分が手を止める=収入に比例することになるのです。
もちろん、生活のために仕事を意図的にサボったりすることはないかも知れませんが、体調不良になることもあります。
資金力からも個人と法人では差があるのは仕方ありません。

 

それらを踏まえて金融機関では融資、カード会社ではクレジットカード発行の審査をすることになります。
ここではクレジットカードに着目しますが、結論から言えば自営者でもクレジットカードを作る事は可能です。


個人支出と事業支出の棲み分けもできるので自営者としては最低1枚はクレジットカードを作っておきたいところ。
ただ会社員では不要であっても自営者の場合は所得証明書など2期分の提出を求められることがあります。
それだけ収入力を証明しなければカード発行は難しいのです。


クレジットカードは信用取引として後払いになるため、カード会社としても利用者からキチンと回収しなければなりません。
自営者としてもシッカリと収入面で信用得られるだけの実績を提示することが重要です。

 

冒頭でも書きましたが、近年では多用な働き方が増えてきていることからカード会社も利用者に寄り添う動きもあります。
例えば、インターネット上で仕事を請けることができるクラウドソーシング。
大手で言えば、クラウドワークスやランサーズという名前を聞いたことがある方もいるかも知れません。
ランサーズではアメリカン・エキスプレス(アメックス)と連携するなどして、個人事業者の囲い込みにも取り組んでいるようです。